レギュラーコーヒーのいれ方とは

subpage1

レギュラーコーヒーとは、コーヒー豆を焙煎したあと、挽いたコーヒー豆を使用して抽出するコーヒーのことをいいます。


インスタントコーヒーはこのレギュラーコーヒーを乾燥させた粉末をお湯などに溶いて飲むコーヒーのことです。


レギュラーコーヒーの簡易版がインスタントコーヒーという認識で間違いありません。



レギュラーコーヒーのいれ方には色々種類があります。
まずはハンドドリップでコーヒーをいれる方法です。

法人タブレットのマニアックな情報をお届けします。

ハンドドリップの中でもペーパーフィルターを使用してコーヒーをいれる方法が一番簡単です。

ペーパードリップのいれ方ですが、ペーパーフィルターは使い捨てであるので、器具の体要れなどは簡単です。
しかし抽出方法によってはコーヒーの味に違いが出てしまいます。
まずはドリッパー、サーバーの抽出器具とカップなどを温めておきます。


抽出に最適な温度は95度くらいなので、お湯を沸騰させたら火を止めて沸騰がおさまった時のお湯を使用します。

ペーパーフィルターをセットして、フィルターの中にコーヒー粉を入れます。コーヒー粉の表面は平らにしておくとムラがなくお湯を注ぐことが出来ます。


少量のお湯(20ccほど)を粉に均一に注いだら20秒ほど蒸らします。


蒸らしが終わったらコーヒーの粉の中心にお湯を3回程度にわけて注ぎます。

OKWaveの情報をまとめました。

注ぐ量は最初が一番多く、2回目は少し減らして3回目が一番少なく注ぐのがポイントです。
注ぐお湯の量はサーバーなどについている目盛りなどを参考にして下さい。