おいしいレギュラーコーヒーを淹れる

subpage1

だれでも家でおいしいレギュラーコーヒーを淹れたいと思うにちがいありません。



しかしハンドドリップというのは、簡単そうに見えてかなりのテクニックを要します。

法人タブレットの情報をお知らせいたします。

毎日同じようにしているのに、味が違います。
おいしい日もあれば、苦みや酸味が強くでる日もあります。
その原因はお湯の温度やお湯を注ぐタイミングなどが関係しています。


さらには粉によって、注ぎ方を変える必要もあります。

ですからレギュラーコーヒーをハンドドリップで淹れるのは、非常に難しいと言えます。

ではどのようにすれば良いのでしょうか。


基本的なことはお湯を数回に分けて注ぐことです。

最初は粉の中心に、五百円玉くらいの大きさを目安に注ぎます。
それから数十秒待ちます。この間は蒸らす時間であり、粉に水分を行き渡らせることが目的です。

教えて!gooサイトで情報を入手してみて下さい。

それから中心から外に向かって円を描くようにして入れます。
二回目のお湯で、レギュラーコーヒーのおいしさが引き出されます。
最大の難関は三回目以降をいかに上手に淹れるかです。

これはタイミングが鍵になります。


急ぎすぎても、間がありすぎてもおいしさは半減します。
後半になると、雑味が出てくるため普通は捨てます。
とはいえ、これはマニュアルや説明を参考にしただけで、習得できるものではありません。

コーヒーメーカーよりハンドドリップの方がおいしいという人もいます。それはあくまでもハンドドリップで上手に淹れられるという前提です。


コーヒーメーカーは安定して淹れ方なので、それなりのメリットがあります。